久保 佑輔 の Business ON AIR

はじめまして。 今よりもっと面白く働きたい人へ、 自分が変われば、世界も変わる。 このブログでは、僕が経営者を目指す上で日々大事にしている考え方や行動などをシェアしていきます。 少しでも日々の仕事や在り方に繋がればと思います。

経営というフィールドで戦うにはサーフィンの考え方がとても重要かもしれない

みなさん、こんにちは。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

皆さんはサーフィンは好きでしょうか?

 

僕は一回だけですが、サーフィンを体験したことがあります。

 

いつもお世話になっている経営者の方に教わりながらやったことがあるんですが、難しかったのと同時に、仕事とサーフィンは似ていると思ったのを覚えています。

 

なかなか仕事を覚えるのに苦労していた下積み時代。

成果が思うように出ないときに悩んでいた時。

成果がではじめて、あ、こういうことか!気づいた!と思ってどんどんいい行動ができたとき。

 

これはサーフィンでも同じ現象が起こります。

 

ボードに思うように乗れずに四苦八苦していた時

波に乗れず、ずっと波の上でぷかぷか浮いている状態。

1回波に乗れた時の高揚感とまたやりたいと思える楽しさ。感動。

 

こういったことを日常的に味わっていると、サーフィン一つとっても学べるものは変わってきます。

 

いつもプレイヤーとして経営のフィールドで戦っているからこそ見えてくるものもあります。

 

サーフィンを通じて、仕事の楽しさの感覚を養うこともできるでしょう。

 

ぜひ皆さんも機会があったらサーフィンやってみるのもいいかもしれませんよ。

 

またサーフィンやってみたいな。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

forbesjapan.com

小売という当たり前からサブスクリプションモデルへ~お菓子業界のサブスクリプションとは?~

みなさん、こんにちは。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

 

食品業界や、お菓子業界の販売イメージは、店舗での購入や、ECサイトでの購入がメインだと思います。

 

また、個人で海外へ物販をしている方もいるとよく伺います。

 

そんな中、Forbesで見かけた記事を紹介させていただきます。

 

 

 

 

きっかけは、海外顧客が購入するのを見て

f:id:jgpoteto:20211231201515j:plain

 出典元:https://pixabay.com/ja/

 

ご紹介させていただくのは、創業6年目で年商40億を売り上げているベンチャー企業の「ICHIGO(いちご)」です。

 

創業者の「近本あゆみ」さんが、海外の方が銀座でお土産の一つとしてお菓子を買っているのを見てこのビジネスについて思いついたそうです。

 

家電製品や、化粧品といったものはよくありますが、お菓子も実は海外から見たら、日本の文化として特殊なものだそうです。

 

記事によると、もともとECには興味をお持ちになっていたようで、その中で自分でやってみようという考えになられたそうです。

 

               ◇◇◇

 

サブスクリプションでの配送するメリット

f:id:jgpoteto:20211231202334j:plain


 出典元:https://pixabay.com/ja/

 

サブスクリプションというモデルが世の中で有名になってからだいぶたちますが、改めてここで説明すると、「定期購入」というのがわかりやすいかと思います。

 

例えば、Amazonプライムや、Netflixなどはそれにあたります。

 

今回は、海外へのお菓子の配送ビジネスをサブスクリプションにするというお話です。

 

スモールビジネスとして実施されているイメージの中、コロナ渦で海外への配送ができなくなる時期もありましたが、家から出ない人が変わらず多い中、エンタメの一つとして海外では楽しみにしているお客様も多いのではないでしょうか?

 

企業側からすれば、定期的にお金が入ってくることもそうですが、食品ロスをなくすことも可能になります。

 

販売するには期限が過ぎてしまったり、形がわるかったりで店頭に陳列できないものなどを安く定期配送することで、環境保全にもつながります。

 

               ◇◇◇

 

まとめ

最後になりますが、ビジネスチャンスはどこにでも落ちていると改めて思います。

 

また、あとは自分がそこに対して全力で取り組み、最後までやりきること。

 

精神論が嫌いな方は多いかと思いますが、事実そこが大事な時もあるなと改めて思う内容の記事でした。

 

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

forbesjapan.com

netshop.impress.co.jp

行動できる人は強い?今のご時世で大事なのはまずはやってみること!?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/jgpoteto/20220731/20220731230529.png

みなさん、こんにちは

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

副業が今の経済トレンドになりつつある中で、今僕たちがどのように行動していくべきなのかというのは、日に日に重要な課題になりつつあります。

 

本業の仕事をおろそかにするわけにもいかないし、かといって、仕事以外の時間を使ってスキルアップを図りたい人もいるでしょう。

 

正直、これから10年~20年後の未来を考えると、会社員の収入だけで暮らしていくのは不安が大きい人もいるかもしれません。

 

僕が一つ提案したいのは、まずはいろんな人に会ってみること。

 

これをおススメしたいです。

 

何をしたらよいのかわからない人は、まずは周りの人に、今成功している人で知り合いはいないか?というのを質問してみるのもいいと思います。

 

これは、まずは自分の現実と、成功している人の現実の何が違うのか?どういう世界を生きているのか?というギャップを知ったり、目指したいと思える夢や、強い願望を抱かせてくれることに繋がるからです。

 

もし、周りにそういう人がいないというのであれば、まずは本を読んでみるのもいい案です。

 

と言っても、行動する人はごくわずか。

 

これからの時代、行動した人が成功する人と言っても過言ではないほど、行動できる人は強いです。

 

まずやってみる。素直に受け入れて行動してみる。

 

こういった精神をまず持つために、意識、アンテナを張るのがまずやることの一歩です。

 

一歩を踏み出し始めてからが、本当の自分自身の人生のスタートだと呼んでも良いぐらいです。

 

まずはやってみて、様々なことを失敗から学んでいく。

 

こういったプロセスを踏み、どんどん成長する習慣が身についていったら、他の人の何十倍、何百倍もの成長が見込めます。

 

僕の行動原理としても、まずはやってみて考えるというのがあります。

 

これは経営の師匠から教わったことです。

 

これを僕は5年ほど続けてきて、とても成長が加速しているのを今も体感しています。

 

まずはやってみる。

まずはやってみる。

 

こういった言葉を大事に何度も聞きながら、副業なり、本業とは別の行動をするときにも意識して行動していくと良いのではないかと強く感じています。

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

job.newspicks.com

 

経営者と労働者の考え方はやはり違う!出社かリモートか☆

 

みなさん、こんにちは

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

出社派とリモート派で今は分かれているような感じを受けますが、やはりそれは立場の違いも関係している要因が大いにある可能性があります。

 

経営者側は出社してきちんと働いてほしいと思っています。

僕も経営をしている側からすると、従業員が仕事をしてもらえることが自身の利益にも直結してくるからです。

 

しかし、従業員側からするとやはり楽をしたいわけです。

いかに家でリモートをして楽をできるかというのをつきつめていると思います。

 

情熱があり、着実に成果を上げてくる熱心な従業員ばかりならこの問題は起こらないですが、やはり仕事をしている人の大半はどうにか楽を選ぶと思います。

 

これは変えられないことなんじゃないかなと思います。

 

ちょっと否定的で不変的ことだと感じます。

 

やっぱりこういったことって社員がいかに仕事に対してどんな思いでやっているかが明確になっているかどうかで変わってくるのかなと感じます。

 

何のために仕事をしているのか?それはなぜなのか?

 

これを真剣に考えて行動に落とし込んでいる社員がどれだけいるかで、会社の成果は変わってくると感じます。

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

ampmedia.jp


スタートアップで活躍する人とは!?

 

みなさん、こんにちは

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

スタートアップで活躍できる人ってどんな人を想像するでしょうか?

 

すごい仕事ができる人とか、技術力がある人などなど、、、そういう人を想像する人も多いのかなと思います。

 

これからスタートアップを創業していこうとか、スタートアップの経験をこれからしていって今後の自分の成長にプラスにしていこうとしている人はぜひ以下の5つに注目してみるといいかもしれません。

 

・いいやつ

・スピード重視

・新しいことに前向き

・挫けない

・愚痴を言わない

 

どうでしょうか?

皆さんはこれらをできる人でしょうか?

 

僕は最初の頃からこれをできてたかっていうとそうではないなと思います。

 

むしろこれをいかにできるか?自分と戦いながら仕事をしていたと思います。

 

どんな時でもこういった人材が活躍するのだと思います。

 

僕もこれらを意識しながら日々仕事をしていきたいなと思います。

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

note.com

値下げだけが企業努力ではない☆

 

みなさん、こんにちは

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

企業努力と聞くと皆さんはどんなことを想像するでしょうか?

 

会社を持っている人であれば、企業努力はどんなことをしているでしょうか?

 

なんとか値下げをして、お客さんに来てもらうというのはよく聞く手法だと思います。

 

しかし、本当はもっとやるべきことというのは無数に存在しているものです。

 

企業努力でやるべきことというのを参考記事でみつけ、これはいいなと思ったので共有します。

 

1)社会価値を向上させる(※地域社会の発展、環境配慮、便利なインフラ構築)
2)従業員の賃金上昇
3)働くよいカルチャーの醸成
4)従業員への合理的なインセンティブの提供
5)取引先企業の発展
6)企業価値の長期的かつ持続的向上
7)消費者への持続的価値提供

 

いかがでしょう?

企業をされている方はこれらのことを努力しているでしょうか?

 

僕自身ももっと改善する必要がある点ばかりだなと感じるところが多くあるんですが、これらを意識しながら企業活動を通して改善と実行をしていくことによって、さらに社会貢献を可能にすると思っています。

 

ぜひ皆さんも自問してみてください。

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

gendai.media

経営者の心得を学ぶには!?

 

みなさん、こんにちは

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)です。

 

経営者の心得を学ぶにはどうすれば良いか、皆さんはわかりますでしょうか?

 

経営というのは運の要素も強く、努力しても実を結ばないときもありますし、成果が出るときもあります。

 

しかし、知識やノウハウを得るためには行動がカギを結ぶと参考の記事にも書かれています。

 

確かに行動することも大事ですし、戦略を立てることも大事です。

 

全ての要素が大事になってくるのは紛れもない事実です。

 

しかし、すべてを自分一人で行うことは難しいものです。

 

だからこそ会社というものがあり、プロジェクトチームというのが編成されて仕事をしていくということになります。

 

つまりは、一人でやるのではなく、チームで行動することが、経営の発展には必要不可欠なわけです。

 

知識やノウハウが気になる方はぜひ参考になるサイトを見るのもいいと思いますし、身近にいる社長さんにまずはどうすべきかを聞いてみるのがいいと思います。

 

もし、周りに成功している人がいないのであれば、探す必要があると思います。

 

自分の人生の経営を成功させるためには、まずは自分一人の時から社長としての仕事ができているかが重要ですね。

 

人生に失敗はなく、成功か、良い経験やノウハウや知識を得られることしかありません。

ぜひこの記事を見ている人が少しでもチャレンジできるようになってくれたらうれしいです。

 

おわり。

 

久保 佑輔(くぼ ゆうすけ)

 

 

参考文献:

job.newspicks.com